審査不要でキャッシング?!フリーターが実践!

信用情報機関ってどんな情報を管理してるの?

信用情報機関で有名なところは二つあります。

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(指定信用情報機関)

どの消費者金融も加盟しているので
キャッシングに申込をすると信用情報機関に申込者の情報が期間限定で登録されます。

 

どんな情報が管理されるかというと

例えば、モビットなら申込情報はJICCに登録され、
申込日から約6か月、その情報が管理されます。

記録される

 

審査に通り、無事キャッシングができることになったら
次は契約内容や返済の状況もJICCに管理されます。

 

またCICには、モビットに申込みをしたこと、契約した事実、
債務を延滞した事実も契約終了後、約5年間ほど管理されます。

 

延滞をしなくても借りていた当時の返済状況は
完済から約5年ほどJICCにもCICにも記録として残っているので
キャッシングをするときには信用情報が管理されるものだとして
しっかり認識しておきましょう。

 

過去に借入歴がある人は新規借り入れの審査時に
昔の借入歴が足かせとなって審査に落ちるのでは…?と思い込む人も多いですが、
借りていた当時に返済を3ヶ月以上延滞したり、
何度も繰り返していたりしなければさほど気にすることはありません。

 

キャッシングする前に覚悟しておこう。将来のこと。

キャッシングに申込み、これから借入をしようとしている人に覚悟して欲しいことがあります。

気合を入れる

 

絶対に延滞せずに、完済しきること。

 

当たり前なんですけど、キャッシングはお金が手に入る!という認識より、
『返すべきもの』だと理解しておかないと返せなくなったときに本当に後悔します。

 

上にも書きましたが、キャッシング歴は申込したことさえ信用情報機関に記録されます。

 

借り入れして延滞したり債務整理をしてしまったら、
それらの情報もばっちりと記録されてしまうので
将来自動車ローンや住宅ローンが組みたいときに組めなくなるかもしれません。

 

マイホーム

 

少なからず、金融事故をした事実が信用情報機関に記録されている期間中に
住宅ローンなどの審査に通るのは難しいです。

 

結婚したいとき、こどもができたとき、たくさんのイベントが待ち構えている人ほど
将来のことを考えたキャッシングをしてほしいと思います。

 

信用情報に残ったキャッシング歴は良いように働くことがある

キャッシングした記録は信用情報機関に記録されますが、
返済をきっちりとして完済しきった記録がある人は、
金融機関からするととても信用度の高い人として認識してもらえます。

信用

 

この場合は信用情報が良いように働いてくれて、
将来的にローンやキャッシングに申し込んだとき、審査を受ける時に
後押ししてくれるものになります。

 

このように信用情報は使い方により良くも悪くも活躍してくれます。

 

キャッシングするときには信用情報を将来良いように活用できるよう、
借りたら毎月真面目に返済しましょう。

 

【フリーターでも出来た!!審査不要のキャッシング!!】トップページに戻る