審査不要でキャッシング?!フリーターが実践!

審査で使用用途って聞かれるの?審査に影響する?

キャッシングではフリーローンの利用がほとんどですので、
使用用途が自由なお金が借りられます。

使用用途自由

 

しかし、場合によっては審査中に使用用途がどのようなことか聞かれることもあり、
この答えが審査の通過率に影響してしまうこともあるのが事実です。

 

こんな使用用途をバカ真面目に答えてたら審査に通らない?!

内緒

キャッシングの審査に通る確率を上げたければ、
使用用途をバカ真面目に答えてちゃいけないこともあります。

 

これは絶対いっちゃだめワード!

  • ギャンブル
  • 投資
  • 他キャッシング会社への返済

 

もしそうだったとしても、この3つは言っちゃおしまいくらいに思っておきましょう。

 

キャッシング会社が審査でよーく見ていることは借りた後に返って来るかです。

ギャンブルや投資などの負け確率が高く、資金が0円になってしまうようなものや、
そもそも他のキャッシング会社から借りてるお金も返せてないの?!

 

と、なってしまうと審査に落としたくなるのは当然ですよね。

ギャンブル

 

ここだけの話、本当の使用用途がギャンブルだったとしてもそこは正直にならなくていいです。

 

もし使用用途を嘘ついたことがバレたとしても、とくに罰則はありません!
ってかバレることなんてほぼ0%だと思いますね。

 

使用用途なんて答えれば印象がいいの?

フリーローンで借りたお金の使用用途は自由ですが、
より審査に通りやすくするためにはなんと答えるのがベターなのでしょうか。

 

それは、急にお金が必要になった感じを出すことです!

 

例えば「友人の結婚式」「親族の葬式」「出張先での急な接待」「休日のレジャー」などなど…
結婚式

 

普段生活するお金には不自由してないけど、
今回はたまたまお金が必要になった感があるとベターです。(笑)

 

キャッシングで借りられたお金の使用用途は
実際生活費の補てんとして使われていることが多いですが、
「生活費」と答えると生活が危うい人がお金返せるのかな?と思われる可能性もあります。

 

それを考えると一見何の問題もない「生活費」でさえ正直に答えないほうがいいかもしれません。

 

無難に「レジャーに使います。」って言っておくのがいいかなーと思いますね。
結婚式でもいいかも!

 

お葬式は何度もあり過ぎたら怪しいし、なんか罰当たりそうですからwww

 

結論!使用用途を聞かれたらうまくかわすべし!

 

キャッシングの審査では年収や勤務先などに関して嘘をつくのは絶対だめですが、
使用用途を聞かれたら、真面目に答え過ぎずうまくかわすことも大事です!

 

トップページへ