金融事故が気になるとはいえ審査なしキャッシングは無理。

審査なしのキャッシングしたいのって過去に金融事故起こしてるからですか?

審査なしでキャッシングしたい理由が過去に金融事故を起こしたからって人、多いと思います。

転落

 

金融事故を起こしたら数年に渡り、キャッシングやローンを利用できないことになります。
起こした金融事故の内容にもよりますが。

 

今回は過去の金融事故を反省する、またこれから金融事故を起こさないためにも
改めて金融事故とはなんたるかにフォーカスしていきたいと思います。

 

金融事故って?どこからどこまでが金融事故なの?

 

解説

 

思いもよらないことで知らないうちに金融事故を起こしてた…ということもあるので、
まずどんなことが金融事故として認識されるのか見て行きましょう。

 

支払いの延滞

 

支払いの延滞は一番ありがちなやつです。

 

請求書

ちなみにこの支払いの延滞、キャッシングだけじゃなくて
クレジットカードなどの延滞情報も含まれているので要注意です。

 

支払いが1ヶ月遅れたくらいでは、たまたまの支払い忘れの可能性もありますが、
2、3ヶ月以上の延滞をおこすと金融事故と認められます。

 

債務整理経験者

 

完済し終わってからの債務整理(過払い金請求)に関しては金融事故と認められないので、
キャッシングの審査に問題ありません。

 

自己破産

しかし、返済途中での任意整理や自己破産はばっちり審査に影響します。

 

特に自己破産は最悪です。

 

金融事故の履歴が残る期間ってどれくらい?

 

起こした金融事故の履歴は信用情報機関という金融の情報を扱う機関に記録されます。

 

金融事故の種類により履歴が残る期間は違います。

 

支払い延滞 契約終了日から5年程度
任意整理 契約終了日から5年程度
自己破産 自己破産が実行されてから10年程度

 

これは目安なので記録がもっと長く残るものもあれば、少し短くなることもあります。

 

ヤバい

信用情報にこれらの情報が記載されている限りは、
住宅ローンや自動車ローンはもちろん、キャッシングの審査に通ることも難しいでしょう。

 

 

どう頑張っても信用情報の情報を消すことはできない。

 

『この間、金融事故を起こしたけどいまはもう大丈夫だから、何とかして記録を消せないかな?!』

 

残念ですが、不可能です。

消せない

 

信用情報機関にのっている情報はどんなにあがいても消すことはできません。

 

金融事故の情報が自動的に消えるまで時間をあけるしかないのです。

 

金融事故を起こしても借りれるキャッシング会社ってある?

 

これは言い切れませんが、『ほぼない』状態に近いのではないでしょうか。

 

数か月の支払い遅れくらいなら許容範囲にしているキャッシング会社があるかもしれませんが、
自己破産なんかは絶対に無理ですね。

 

安心して借りられる大手のキャッシング会社でのキャッシングは無理だと思うので、
事故情報が消えるまで耐えるか、不当な金利を請求してくるような業者に頼むしかないです…。

 

管理人なら、迷わず事故情報が消えるまで待ちます。
いくら事故情報が消えないからといっても、危ない橋は渡らないことをおすすめします。